中沢宗健

医学博士。専門分野: 臨床免疫学。神戸大学医学博士学位取得後、財団法人エイズ予防財団に在籍、HIV感染及びエイズ患者の予防機構に関する研究に従事。その後、大阪大学で助手・特任准教授として活躍、慢性炎症性疾患の病因・病態解析及び生物製剤による治療研究に従事し、研究代表者として、複数の文部省・JST・財団の科学研究費プロジェクトを担当した。海外では大学病院の講師として臨床・研究の経歴を持つ。医療通訳・翻訳の実績がある。

top