入江沢竜

博士前期課程終了後に日本企業の中国法人の責任者として中国各地に長期駐在し、マネジメント以外に通訳・翻訳経験も蓄積出来た。その間、中国と日本の同時通訳養成学校を終了し、現在、博士後期課程の外国語教育学学科で通訳・翻訳及び教授法についての研究を深めている。大学や通訳学校の通訳コースで教鞭を取る傍ら、現役の同時通訳者として、政治、経済、文化、文学、司法、法廷、医薬、機械等の多分野で活動している。

top