医療通訳「善意頼み」限界「命預かる仕事、支援を」

医療通訳「善意頼み」限界「命預かる仕事、支援を」

利用件数が急増している医療通訳は、日本語能力が十分でない在留外国人にとって、
日本で生活する上での社会的なインフラとなっている。

患者側のメリットだけでなく、病院側もスムーズに診察を進められるなど利点も多く、
専門家は「(NPOなどの)善意にばかり頼るのではなく、行政が制度を整える必要がある」と指摘する。

"出典:神戸新聞NEXT"

top